泉佐野市の鍼灸院情報

筋肉のきしむ音!?がよくなった1症例

こんにちは♪

今日は筋肉がきしむ音が鍼灸で良くなった施術で良くなった経験を書かせて頂きます。

筋肉がきしむ音とは?
と思いますが、肩や首、身体を動かすと骨がならず筋肉がすれる音が鳴ることが稀にあります。
その患者様は昔から音がなっているので、気にはならなくなったと言っていました。

筋肉が短くなったり長くなったりする事で身体を動かす事が出来ます。
その時にほかの筋肉にあたり変な音がすることは炎症を起こしてしまいます。

下手なマッサージをすると炎症を起こす事と同じような事です。
慢性的に炎症が起こると筋肉が硬くなり、血流が悪くなります。

その患者様は別症状で来られました。
整骨院や他整体院に色々回ったけれども効果がないといわれていました。
当院に来る前は、誤魔化しでもいいので整骨院でほぼ毎日マッサージを受けていたそうです。

一度目の施術ではそこまで効果が出ず
二度目の施術では劇的に効果が出たそうです。

身体が軽くなったとおっしゃってくれました。
三度目の施術では筋肉のきしむ音がなくなり
患者様が驚かれていました^^

筋肉がきしむ音を治すことより身体全身の施術が効果が出たのだと思います。
肩だけ施術すると肩の血流が良くなりますが、腰や膝で血流が元に戻ります。
施術は全身施術をする事が必要です。

きしむ原因が血流不足で、施術することで血液の循環が良くなり足りない筋肉を潤わせたのかもしれません。
施術をしていると狙っていない部分が良くなることはよくあります。

慢性的だからと諦めずに一度縁里庵かつもと鍼灸院の鍼灸施術をしてみる事をオススメします♪

  • この記事を書いた人

勝元宏亮

2005年仕事のストレスで半年間寝たきりになり、鍼灸、食養生、運動をし約1年で最低限動けるようになる。 病院では原因の分からない事でも鍼灸なら対応出来るのではないか?と鍼灸の良さを広げたいと鍼灸学校へ進む 2006年国際東洋医療学院入学 2009年国際東洋医療学院卒業 2010年縁里庵かつもと鍼灸院 開業 卒後病院勤務を1年したが、マッサージと電気のスイッチマンに疑問を覚え、鍼灸を行う為に自身で開業

-泉佐野市の鍼灸院情報
-, ,