大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院~腰痛、不妊症、自律神経失調症など様々な疾患に対応しています~

お灸の煙対策~空気清浄機VS脱臭機~

お灸の煙

おはようございます。

泉佐野市縁里庵かつもと鍼灸院です。

当院はお灸をよく使いますが

お灸を使うとどうしても出てしまうのが「煙」です。

少しでも煙の臭いを院内や家庭内で減らしたい

という鍼灸師や家庭向けに

今回は空気清浄機と脱臭機を使い

どちらがお灸の煙を吸い込んでくれるのか?

を試してみました。

目次

1.空気清浄機

空気清浄機

空気清浄機で試したのは

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター

2022年5月6日アマゾンでの価格16,800円

当院も使っている空気清浄機です。

電気屋さんで働いている患者さん曰くやっぱりこの空気清浄機を購入したのか

と言われたほどメジャーなのかもしれませんね

2.脱臭機

脱臭機

煙には空気清浄機より脱臭機と話を聞き買ってみました

富士通ゼネラル DAS-15K-W 脱臭機 ホワイト

2022年5月6日アマゾンでは販売していなかったので

家庭電化製品の店 GIGAで14,689円で購入

空気清浄機より臭いや煙に力を入れている

と書かれていて購入しました。

届いてビックリしたのが

空気清浄機よりかなり小型で、本当に空気清浄機より煙を吸うのか?

と思いました^^;

メーカーの情報だけではなく本当に吸うのか?試してみました

3.空気清浄機VS脱臭機①

空気清浄機と脱臭機

隣に置き

どちらに煙が行くのか?

試してみました。

今回は二つとも「強」で設定しています。

お灸は縁里庵かつもと鍼灸院で使っている

オリジナルの灸頭鍼代わりに使っているお灸(12個)と

棒灸を使いました。

お灸の煙と空気清浄機と脱臭機

大きさが全然違いますね

お灸を一斉に燃やし

煙が空気清浄機と脱臭機

どちらに流れるのか?

を確認してみると

空気清浄機と脱臭機

少し空気清浄機に流れているのかな?

と思いましたが

私自身も滞在したので私が動くとその影響で煙の流れが変わるのか?

と思い

2回目はその辺りを改善して試してみることにしました。

2回目は火をつけた後

①部屋から出ていく
②院内の換気扇を消す

で空気の流れをできるだけ減らしてみました。

空気清浄機と脱臭機

動画で撮り退出して

10分後に動画を確認してみると

全体的に脱臭機に流れているのような・・?

少し分かり辛いので違う方法で調べてみました^^;

4.空気清浄機VS脱臭機②

今回はベッドを挟み

左右に空気清浄機と脱臭機を置き

どちらに煙が流れるのか?

を調べてみました。

今回も

①部屋から出ていく

②院内の換気扇を消す

をして、動画で確認をしてみました。

これなら煙の方向がよくわかると思います^^

空気清浄機
脱臭機

脱臭機
脱臭機の方へ煙が流れています。

部屋の構造上

たまたまかもしれないので、空気清浄機と脱臭機

反対方向にして確認してみました。

脱臭機
空気清浄機

お灸に火をつけて煙を出してみると

脱臭機に流れていることを動画で確認することが出来ました。

脱臭機と空気清浄機

今回試したのはお灸の煙がどちらに流れるのか?

です。

短時間での実験だったので、院内は煙で充満していました。

脱臭機と空気清浄機を流し続けると違うかもしれませんが

機械だけに頼るというより

換気扇や窓を開けるなど

基本的な換気は必要だと思います。

換気設備だけでは足りないという方には

お灸の煙対策なら脱臭機の方が良いかもしれませんね^^

電気屋さんで働いている患者さんに聞いてみると

空気清浄機はグレードの高い方が煙を吸う力が弱い場合もあり

高いから良い

わけではないみたいです。

脱臭機は店頭に並んでないないので、知らなかったみたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院の院長の勝元宏亮です。
大阪市内で年間7000人以上鍼灸施術を行い経験を積んでから泉佐野市に開業。
不妊症や自律神経失調症、腰痛、肩こりなど多くの疾患に対応し
患者さんの身体に合った施術を行っています。
鍼は江戸時代から続く日本伝統的な鍼灸施術を行い
オリジナルの眼灸や耳灸など特殊な灸法を扱っています。
眼灸はオリジナルになりテレビ番組やYahoo!ニュースに掲載されました。
医師や看護師など医療関係者の患者さんが多く来院して頂ける鍼灸院になっています。
東洋医学的な目線から症状を考えています。
登録販売者の資格を所持しており漢方薬の知識もあります。

コメント

コメントする

目次