自律神経

季節の変わり目は体調を崩す?

2022年2月4日

おはようございます。

泉佐野市縁里庵かつもと鍼灸院です。

ここ最近大阪も寒くなってきましたね。

1月半ばで、この言葉はおかしな感じもしますが^ ^;

今年は暖冬でした。

お昼頃は暖かく

朝と夜は寒い

1番身体に負担をかける時期になります。

Twitterで仲間の先生が呟いていましたが

ご高齢の訪問鍼灸をされている先生ですが、ご高齢の方は直に影響を受けます。

  • インフルエンザ
  • 入院
  • 亡くなられる

などあります(若い人よりも可能性が高いですよね)

身体を悪くしないように

鍼灸施術で身体に良い状態を維持してあげる

と言う事が大切になります^ ^

先日テレビ番組で、さんまさんが

『現状維持が1番難しい、現状維持という挑戦は難しい』

とおっしゃってました。

身体が悪い方は一気に変化することがなく

『変わらない』と言われます。

病は悪化していき、年も1日1日取るものなので、

変わらない

という現状維持は大切なんですね^ ^

悪くなっているのを止める事が大切で

止まり方も

80キロで進んでいる車に急ブレーキで止めると

危険ですよね。

一回の施術で20キロずつスピードを落としていくと身体の負担が少なく

"変わらない"

状態に持っていきます。

ご高齢になればなるほど、急激な変化は身体に負担をかけますので、ゆっくり良くしていく

事が大切です。

簡単に言えば

悪化状態→現状維持(変わらない)→回復

ですね^ ^

ご高齢の方には負担がありますが

若い世代(働く世代)はこの気候に影響はないのか?

と言うと

影響はあります。

若い方は

などがあると影響を受けやすいです。

インフルエンザも感染力の強い

風邪

なので

  • 良質な睡眠
  • 偏らない食生活
  • ストレスを溜めない

を気をつけるだけでも予防になります。

私も大阪市内の病院で勤めていたときに

インフルエンザのワクチンは打ってましたが

インフルエンザにかかりました。

理由は

  • 病院の休みは地元で往診等で休みがない
  • 一人暮らしの為偏った食生活
  • ストレスが多い職場

でインフルエンザにかかりました^ ^;

働く世代には鍼灸施術と食生活、生活リズムを見直す事が大切ですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝元宏亮

大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院の院長の勝元宏亮です。 大阪市内で年間7000人以上鍼灸施術を行い経験を積んでから泉佐野市に開業。 不妊症や自律神経失調症、腰痛、肩こりなど多くの疾患に対応し 患者さんの身体に合った施術を行っています。 鍼は江戸時代から続く日本伝統的な鍼灸施術を行い オリジナルの眼灸や耳灸など特殊な灸法を扱っています。 眼灸はオリジナルになりテレビ番組やYahoo!ニュースに掲載されました。 医師や看護師など医療関係者の患者さんが多く来院して頂ける鍼灸院になっています。 東洋医学的な目線から症状を考えています。

-自律神経
-, ,