自律神経

梅雨の時期は身体の重さと自律神経が悪くなる?

2022年2月4日 勝元宏亮

おはようございます。

泉佐野市縁里庵かつもと鍼灸院です。

梅雨に入りジメジメとする日が増えてきていますね。

梅雨の時期は体が重たくなりいろいろな病を引き起こすことが多くなってきます。

例えば頭痛うつ病自律神経失調症などが挙げられます。

今から身体

のケアをしておいたほうがいいですね^^

 

 

例えばお灸を使うことで、身体が温まり身体の湿気が蒸発するようなイメージだと思ってください。

縁里庵かつもと鍼灸院で使うお灸は温灸と言われていて、長い時間をかけて身体を温めます。

温灸

温灸をすることにより身体の余分な水分が蒸発し、身体の血流が良くなり身体が軽くなると言われます。

ジメジメと暑い時期だからお灸は・・・という方もいらっしゃいますが

梅雨の時期だからお灸が必要なんですね^^

クーラーで身体が冷えてくるので、夏場にもお勧めできます♪

梅雨だけではなく日本は湿気が多いので、お灸は合っているのです^^

せんねん灸

お灸と言うと

せんねん灸が有名だと思います。

せんねん灸アロマ

これは皮膚の表面が温かくなり

中まで浸透する

というのは難しいのではないか?と思っています。

ツボを狙うとツボとツボには線路のような道があり

道を通り身体の中にアプローチ

というのは可能かもしれませんが

家庭で行うのは難しいかもしれません。

灸頭鍼

鍼の上にもぐさをつけて燃やす

昔ながらある鍼灸ですが

温灸とも言います。

熱を体内に入れるために

一度だけではなく

何度か灸頭鍼を行い

温度差を作り身体の余分な湿気を蒸発させるとともに血流改善を行います。

灸頭鍼の欠点は

落ちる可能性がある

という事です。

鍼灸師が目を離せない施術になります。

そこで安全に灸頭鍼をできないか?

と考えたのが灸頭木です。

 

灸頭木

これを鍼の上に置くことで

輻射熱という

石油ストーブの温め方と同じ

芯から温めてくれるやり方です^^

湿気の季節には温灸はお勧めできます。

身体の余分な水分を蒸発させてくれるのですね♪

督脈通陽法

お灸道具

背骨を一気に温める灸法です。

中国の先生が日本の鍼灸師に教え

その先生から教わりました。

サーモグラフィーカメラで撮影すると皮膚温が32度から38度に上がるほど

温熱効果の高い灸法で

私が知る限り1番お灸としては効果が高いと思っています。

鍼もお灸も色々なやり方があり

向き不向きもあります。

患者さんに合わせて使い分けることが1番大切なんでしょうね^^

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝元宏亮

大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院の院長の勝元宏亮です。 大阪市内で年間7000人以上鍼灸施術を行い経験を積んでから泉佐野市に開業。 不妊症や自律神経失調症、腰痛、肩こりなど多くの疾患に対応し 患者さんの身体に合った施術を行っています。 鍼は江戸時代から続く日本伝統的な鍼灸施術を行い オリジナルの眼灸や耳灸など特殊な灸法を扱っています。 眼灸はオリジナルになりテレビ番組やYahoo!ニュースに掲載されました。 医師や看護師など医療関係者の患者さんが多く来院して頂ける鍼灸院になっています。 東洋医学的な目線から症状を考えています。

-自律神経
-, ,