大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院~腰痛、不妊症、自律神経失調症など様々な疾患に対応しています~

メニエール病の症例

メニエール病/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

おはようございます。

大阪泉佐野市縁里庵かつもと鍼灸院です。
最近来られている方でメニエール病のようなめまいが続き
お風呂に入れなくなり、通っていたジムにも行けなくなった方の症例です。

目次

メニエール病って?

慢性疼痛と鍼灸/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

メニエール病というと「若い女性がストレスでめまいを起こす病気」というイメージがあるのではないでしょうか。
メニエール病の原因で言われているのは「内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態)」です。
メニエール病にはストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格などが原因になる場合が多いです。
内耳には
①聞こえの細胞が詰まっている蝸牛と
②平衡機能を司る三半規管と耳石器があります。
この両方もしくはどちらか一方が強く水ぶくれになるかにより症状が異なります。
蝸牛が強く水ぶくれになれば、めまいは感じず難聴だけを自覚します。
水ぶくれが弱ければ難聴を自覚せず、
「耳が詰まった感じ」、「耳鳴り」、「音が響く感じ」
のみ出現する場合もあります。
反対に三半規管・耳石器が強く水ぶくれになれば、難聴や「耳が詰まった感じ」などは感じず、めまいのみを自覚します。
めまいの強さも「グルグル回転する激しい」ものから
「フワフワ雲の上を歩いている感じ」のものまでさまざまです。
めまいの持続時間は10分程度から数時間程度であることが多いです。

西洋医学での治療方法は

めまい止め・利尿剤を中心に抗不安薬や循環改善薬・ビタミン剤などを組み合わせて使用します。
発作の初期に上手にめまい止めや抗不安薬などを用いることで、大きな発作の予防や症状の軽減を図る

しかし、メニエール病の原因にはストレス・睡眠不足・疲労が関与しています。
お薬だけでは良くなることはなかなか難しく
生活習慣を改善していくことも大切です。

鍼灸で行えることは
・身体の不調を取る
・耳の血流量を増加させる
・生活習慣改善への指導
という事が期待できます。

説明していきますね。

身体の不調を取る

痛み/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

身体の不調は痛みやストレスからくることがあります。
腰痛が続く事はストレスになりますよね。
花粉症が1年中続き、薬も効かない、夜も寝れない
状態が続くとうつ病になる事もあります。
長く続く嫌な事はストレスになります。

ストレスと言っても様々な種類があります。
人間関係、痛みのストレス、環境

縁里庵かつもと鍼灸院で実際にあった事例ですがご紹介しますね。

鍼灸をして身体の不調を改善し、精神的に楽になった方
職場の人間関係が改善したと驚かれていました。
普段は相手を傷つけないように一歩引いていた方が
気を遣うお局さんに意見を言えるようになりストレスが減った
と言われていました。

意外かもしれませんが身体の不調を改善する事で
精神的なストレスも改善する事もできます。
逆もありますが精神的なストレスを取る事で、身体の不調も取る事ができます。

ストレスの取り過ぎはは身体にとって害になりますので
早めに対処する必要があります。

耳の血液量を増加させる

耳/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

東洋医学は局所血液量を重視します。
どういう事?
と思うかもしれませんが
鍼を身体に刺す
と刺した筋肉やツボに血液が集まります。
悪い部分に血液を集める事で改善を早める
効果が鍼灸にはあると思います。

今回はメニエール病なので、”耳”になるので
いかに耳に血液を集めれるか?
を考えます。

耳にいっぱい刺したらいいやん
と思うかもしれませんが
耳に血液が行くためには近い所では首肩を通る必要があります。
首肩がこっている方は締め付けられる感覚は一度はあったことがあるかもしれませんが
首肩がこると耳に行く血液が減ります。
全くいかない事はありえませんが
上に上がるスピードが遅くなる
道路でいうとむやみにブレーキを踏んでいる状態になります。
そうなると後ろも遅くなり渋滞になりますね。

鍼灸はブレーキを踏んでいる車を早く動かす手伝いをします。

首肩は色々な病気の原因になる
という先生もいるくらい
施術ポイントとしては大切な場所になります。

縁里庵かつもと鍼灸院で行っている
耳灸も効果的ですね^^
耳灸/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

生活習慣の改善

食事/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

当たり前ですけど
大切な事です。
血流を良くするには
冷やすより温めた方が血流は良くなります。

身体を冷やすものばかり食べたりしていると
なかなか身体は改善しません。

「医は意療」
と昔の医師が言っていましたが
意識をしないとどんな病気も良くならないよ

と言われています。

「私だけは大丈夫」
と思われる方も多いですが
普段行っている「普通」が変であることもあります。
・健康の為に冷たい物しか食べない
・お肉しか食べない
・菓子パンを毎日食べる
・アイスクリームを2つ毎日食べる

実際にあった話ですが
これらも日課になり、その人にとっては普通なんです。

意識をして身体を改善の方向へ向かわせてみませんか♪

メニエール病の症例

前置きが長くなりましたが
本題です^^;

縁里庵かつもと鍼灸院に来院された患者さんで
数年ぶりの来院です。
前回施術したときはかなり良くなり
通わなくなった患者さんですが
身内の不幸があり、精神的につらくなり
メニエール病を発症しました。

病院では薬を貰いましたが胃が荒れ
何院か転々と変えられました。

鍼灸が良いかもしれないと思いだし
縁里庵かつもと鍼灸院へ来院されました。

めまいが強く車の運転もするのが怖いと言われていました。

1度目の施術では変化がないと言われました。
鍼灸師目線では1度目よりはふらつきは軽減していましたが
体感としてはないのかもしれませんね。

2度目の施術を行うとかなり改善したと驚かれました。

3度目の施術を行うとしんどくなっと言われました。
何かありましたか?と確認すると
精神的に辛いことがあった
と言われていました。

4度目の施術を行うとかなり改善し、目もスッキリした
と言われました。耳が悪くなると目も見えづらくなる
と言われていました。
これも首肩の血流が悪くなることで
目や耳に行く血液が減るのではないか?
と考えます。

4度目の来院時からいけなくなっていたジムにも通えるようになり
少しずつ体調を改善しています。

どんな病気でも早く来院する
は大切です。

我慢すればするほど
良くなる期間は長くなります。
お身体の不調がありましたら泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院へご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院の院長の勝元宏亮です。
大阪市内で年間7000人以上鍼灸施術を行い経験を積んでから泉佐野市に開業。
不妊症や自律神経失調症、腰痛、肩こりなど多くの疾患に対応し
患者さんの身体に合った施術を行っています。
鍼は江戸時代から続く日本伝統的な鍼灸施術を行い
オリジナルの眼灸や耳灸など特殊な灸法を扱っています。
眼灸はオリジナルになりテレビ番組やYahoo!ニュースに掲載されました。
医師や看護師など医療関係者の患者さんが多く来院して頂ける鍼灸院になっています。
東洋医学的な目線から症状を考えています。

コメント

コメントする

目次