不妊症の鍼灸施術のメリットデメリット

泉佐野市の不妊症/泉佐野市,不妊症,泉佐野

おはようございます。
大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院です。
縁里庵かつもと鍼灸院は泉佐野市で不妊症の鍼灸施術を長年行っております。
今日は不妊症の鍼灸施術のメリットデメリットをご紹介していきます。

目次

不妊症の鍼灸のメリット

メリットとは/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

鍼灸による不妊症に他するアプローチのメリットデメリットをご紹介していきますね。
鍼灸による不妊施術のメリットは以下のように挙げられます。

生殖器官の血流改善による生殖機能の改善効果がある。
ホルモンバランスの調整により、卵巣や子宮の機能を改善し、妊娠しやすい状態を作っていきます。
ストレスや不安の軽減により、心身のリラックス効果があります。
副作用の心配が少なく、安全性が高い。
他の不妊治療と併用して行うことができ、相互補完的な効果がある。
カップルのコミュニケーションを促進し、心理的なサポートがある。
長期の治療が必要な不妊治療に比べ、比較的短期間で効果が現れることがある。
鍼灸は自然療法であり、投薬や手術に頼らずに治療を受けることができる。
妊娠前の健康状態を整えることで、妊娠後の母体の健康をサポートする効果があります。
鍼灸は個別に合わせた施術が可能であり、患者さんに合わせた施術を受けることができる。

不妊症の鍼灸施術のデメリット

デメリットとは/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

不妊症に対する鍼灸施術のデメリットをご紹介します。

施術効果には個人差があり、確実な効果を期待することができない場合があります。
施術期間の長さ: 鍼灸による不妊施術は、効果が現れるまでに時間がかかります。
(卵の質が上がるのに最低3か月など)
費用:鍼灸は、一般的に他の不妊施術に比べて施術費が安いとはいえ、継続的な施術が必要な場合があり、経済的な負担があるかもしれません。
(不妊症の鍼灸施術は医療費控除の対象になります)
医療保険の適用範囲: 鍼灸は一部の医療保険で適用される場合もありますが、不妊症のの施術が保険適用されるわけではありません。
施術効果のエビデンス: 鍼は伝統的な東洋医学に基づいた施術法であり、科学的なエビデンスに乏しいという指摘もあります。
(現在鍼灸師達がエビデンスを作るため動いています)
痛みや不快感: 鍼灸は細い鍼を皮膚に刺すため、痛みや不快感を感じる場合があります。これに抵抗がある場合には、施術の嫌悪感やストレスを感じる可能性があります。
適応症の限定性: 鍼灸による不妊症の適応症には限定性があり、全ての不妊症に対して効果的理由とは限りません。症状やによっては、他の不妊施術法が必要な場合もあります。
(卵管が詰まっているなどは病院での治療が必要です。)
合併症のリスク: 鍼灸は一般的に安全性が高いとされていますが、鍼の刺しに伴う出血や感染のリスクがある場合があります。
(病院の注射と同じリスクはありますが、消毒などは徹底させていただいています。)

まとめ

まとめ/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

不妊症に対するメリットデメリットをまとめてみましたが
どんな施術法でもメリットデメリットはあります。
不妊症の施術では時間がかかる事が多く
他の鍼灸院では不妊施術というだけで値段が上がる院もありますが
縁里庵かつもと鍼灸院では普通の施術と同じ値段で、なおかつ定期的に通っていただける方には
週1割や予約割などさらに安価にしています。
これはある程度回数が必要な不妊症の患者さんに金銭面で余計なストレスをかけないために
行わさせていただいています。
安価だから質が悪い
というわけではなく
大阪市内では1万円以上かかる鍼灸施術を泉佐野市で行っています。
不妊症でお困りの方は大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院までご相談ください

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次