腰痛

腰椎狭窄症の臨床報告

2022年2月4日 勝元宏亮

おはようございます。

泉佐野市縁里庵かつもと鍼灸院です。

先日来院された腰椎狭窄症の患者さんの臨床報告です^_^

『鍼灸は何度も受けた事があり、鍼は気持ちが悪い感じがするからお灸だけで、施術して欲しい』

というのがお電話での依頼でした。

問診をしていくと腰椎狭窄症で、お尻から足の付け根まで針を刺したような痛みがある

と言われていたので、お灸だけより、鍼もした方が良いと伝えると

『じゃあそれで』

思いの方あっさりと話を聞いてくれてよかったです。笑

この患者さんの狭窄症の原因としては『太り過ぎ』

ご自身も自覚はされていましたが、なかなか運動は難しいみたいです^_^;

1回施術を行うと来院前は

仰向けでも痛みがある

状態でしたが

施術後仰向けで痛みがあるか確認して貰うと

『痛みがない』

と驚かれていました。

立った状態だと突っ張りは少し残っていたみたいですが、1回目の施術なら良い結果だと思います^_^

今回は全身施術+臀部をトリガーポイント刺針で対応しました。

痛みが軽減し良かったです^_^

症例2

狭窄症の患者さん

来院時は痛みとしびれがありました。

とりあえず早く痛みをとってほしい

と言われたので縁里庵かつもと鍼灸院で行っているルート鍼を行いました。

痛む箇所に数十本刺す刺激です。

施術後は改善しましたがその後どうなるか見てもらいました。

2回目来院してくれた時には痛み、しびれ共になくなってきたそうです^^

最近ルート鍼は自分のなかで流行り施術法ですが
効果も高いですが刺激量も高いです^^;

鍼が怖い方には向かない施術方法なので、人を選びそうです。

もちろん一回でなくなるわけではないので
回数も大切だと思います。

たまに一回施術したら死なない身体になりますか?

と聞かれますが
それが出来るのなら昔の中国人が未だに生きていたり
ノーベル賞も取れる内容だと思います^^;

鍼が怖くない狭窄症の方は一度ご連絡ください♪
不老不死はかつもと鍼灸院では出来ませんのでご了承ください

症例3

泉佐野市在住30代女性
下肢のしびれで来院

全身施術と臀部と大腿部に刺鍼
仰向けで、ひざ下に3本刺鍼すると
しびれがなくなったと驚かれていました。
この方はお仕事で座る時間が長く
臀部の筋肉に緊張がありました。
座り方も片方に傾いていて
傾いている足にしびれがある状態でした。
臀部と大腿部に刺鍼をし
原因の筋肉を緩ませ
最後足に刺鍼することでしびれの感覚をなくせれたのだと思います。
良かったですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝元宏亮

大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院の院長の勝元宏亮です。 大阪市内で年間7000人以上鍼灸施術を行い経験を積んでから泉佐野市に開業。 不妊症や自律神経失調症、腰痛、肩こりなど多くの疾患に対応し 患者さんの身体に合った施術を行っています。 鍼は江戸時代から続く日本伝統的な鍼灸施術を行い オリジナルの眼灸や耳灸など特殊な灸法を扱っています。 眼灸はオリジナルになりテレビ番組やYahoo!ニュースに掲載されました。 医師や看護師など医療関係者の患者さんが多く来院して頂ける鍼灸院になっています。 東洋医学的な目線から症状を考えています。

-腰痛
-, ,