督脈通陽法

泉佐野市の鍼灸院情報

パニック障害と自律神経失調症の鍼灸施術

今日はパニック障害と自律神経失調症の鍼灸施術を書かせて頂きます。

少し前に書いた督脈通陽法のブログと同じような内容にはなりますが

今回は鍼灸師の先生にも見ても勉強になるような内容にさせて頂きます^^

縁里庵かつもと鍼灸院が最近流行っているのは督脈通陽法

背骨を温めるお灸ですね^^

実際に試してみると

温度差が6度以上も出ることに・・・

サーモグラフィーカメラ

他の方にもお願いして、サーモグラフィーカメラで撮らせていただくと

3度以上の変化が

といっても

施術前に撮るのを忘れて、2分後なのであまりあてにはならないかもしれません^^;

撮影になれていないのがよくわかりますね(苦笑)

督脈通陽法

温度も38度までを上限にそれ以上は上がりにくいのかな?と思います。

なぜ背骨を温めるか?

というと

背骨を温めると自律神経の調整ができると言われています。

それならばハロゲンや遠赤外線でも良いのではないか?

と思いますよね^^;

お灸の最大の特徴は”温度差”

です。
よくある

ドラックストアで売っているせんねん灸でも

温かくなり→熱くなり→温かさが弱くなる

という大きく分けて3段間に分かれます。

ハロゲンや遠赤外線はスイッチを入れると目的の温度に達します。

温度差はあまりないのですね。

せんねん灸

他にも縁里庵かつもと鍼灸院では箱灸というものも使っていますが

棒灸

こちらは

火を付ける→灰がたまる(火が弱くなる)→灰を落とす(火が強くなる)

など温度変化はありますが

督脈通陽法は首から腰まで移動させながらお灸を温める事で、

温度差が1秒単位で起こすことができます。

実際督脈通陽法を行うようになり

パニック障害の患者さんが症状が軽減したり

自律神経失調症の方が気分が晴れやかになったり

冷え性の方が足に血液が行く(温かくなる)と驚かれたりしています。

鍼を刺すことにより

身体には異物が入り

追い出すために血液が集まり

流れの悪いところを回復させます。

お灸は温めることで血液を集め、悪い部分を回復させるとともに血流改善をおこないます。

督脈通陽法はお灸の中でも即効性の高い灸法なのかと最近は思うようになりました^^

自律神経失調症やパニック障害のある方は一度ご相談ください。

 

-泉佐野市の鍼灸院情報

Copyright© 泉佐野市のかつもと鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.