施術

鍼は異物?体内に異物を入れる効果とは

2022年2月13日

おはようございます。

泉佐野市縁里庵かつもと鍼灸院です。

8月からビデオが撮れていない事に今気づいた勝元です。

容量がいっぱいだったみたいです^ ^;

今日は鍼は異物?

と言うお話を書かせていただきたいと思います。

当たり前ですが鍼は異物になります。

ステンレスの鍼を体内に入れるというのは身体の中に異物が入り身体を刺激をし

血流改善を促す

ということです。

患者さんからは分かりづらいかもしれませんが

鍼を刺した場所には500円玉くらいの赤い反応が出る人もいます。

500円玉

これは鍼を刺した所に血液が集まる

フレアー反応と呼ばれてます。

しかし、500円玉くらい赤くなる人もいれば

全く血液が集まらない場合もあります。

身体に異物が入り血液が集まらないのは相当悪い

という事になります^ ^;

鍼灸施術を続けていると血液が集まらない人も集まる様になります。

何事も続ける事が大事ですね♪

先日Twitterでお灸をすると眠たくなるのかなぁ?

と疑問形の投稿がありました。

実際お灸をしてあげる、またはお灸だけではないですけども鍼灸をしてあげると

身体が眠たくなることが多いです。

これは鍼灸をすることで副交感神経が優位になる

簡単に言うとリラックスするので

眠たくなることが多いです。

しかし鍼灸をやったからと言って眠たくならない人もいます。

これはリラックスになりにくい

つまり興奮してる状態が1日中続いている方です。

このタイプの方は若い時はそうでもないのですが、年齢を重ねると朝起きる時にすっきりしない

眠り足りないなど出てくることが多いです。

身体が1日中緊張しているセコムが働いているような状態ですね。

鍼灸とセコム

夜な夜な物音で起きたり、起きやすい状態が続くと

身体のセコムが働いているようなものです。

1日中セコムが働いていると神経が疲れ

疲労が回復しないなど症状が出てきます。

この状態が長く続くと病気になると言われています。

鍼灸施術を続けることで、体の緊張を取りゆっくり休めれるから身体作りのお手伝いさせてもらいます^ ^

特に新型コロナウィルスで体が緊張している方が多くなっているので、鍼灸施術は必要になってくると思います。

また、鍼灸施術を受けた後にどうしたら良いか質問をいただくことが多いので書かせていただきます^ ^

鍼灸の施術を受けた後は安静にする

安静

が1番大切になります。

安静って例えば携帯を触りながら

テレビを見て

お菓子を食べる事が安静にしていますか?

お菓子も食べなかったとしても

携帯を触ることが多いと思います。

携帯を触ることによって手や目に集中し安静にできないことが多いです。

鍼灸施術を受けた時はゆっくり休む

携帯やテレビを

見ない聞かない

目をつぶって15分ほどゆっくりしましょう♪

もちろん飲食も大切です。
施術を受けた後30分間はご飯を食べない

食事をすると消化する為に胃腸に血流が流れます。

鍼灸施術後は身体を修復するために悪い部分に血液が行くようにしたいので、30分ほどは安静にして欲しいのです。

また、施術終わった後身体がポカポカしているので、冷たいコカコーラが飲んでいる方もいましたが

せっかく体を温めて修復しようと反応が出ているのに

急激に身体を冷やす必要はないと思います。

飲み物を飲むとしたらおススメは白湯

せめて常温の水を飲んでください。

30分は安静にしてください

とは何度も受けられた方、初診の方には何度も伝えさしてもらっています

これは以前働いていた病院で鍼灸施術をしたあとは安静にしてくださいと伝えていましたが

長期間通っている患者さんに『鍼灸施術を受けた後安静にしたほうが効果が上がった!』と驚かれたことがあります^ ^;

毎回そのことを伝えてますよと伝えるとええと驚かれました。

まぁ聞いてないですね…笑

この経験は何度も伝えさせていただくようになりました。

今回の記事では3回目ですが

鍼灸の施術を受けた後は安静にしてください♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝元宏亮

大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院の院長の勝元宏亮です。 大阪市内で年間7000人以上鍼灸施術を行い経験を積んでから泉佐野市に開業。 不妊症や自律神経失調症、腰痛、肩こりなど多くの疾患に対応し 患者さんの身体に合った施術を行っています。 鍼は江戸時代から続く日本伝統的な鍼灸施術を行い オリジナルの眼灸や耳灸など特殊な灸法を扱っています。 眼灸はオリジナルになりテレビ番組やYahoo!ニュースに掲載されました。 医師や看護師など医療関係者の患者さんが多く来院して頂ける鍼灸院になっています。 東洋医学的な目線から症状を考えています。

-施術
-,