施術

お腹を触って日々の健康を維持できる?やり方をご紹介

勝元宏亮

おはようございます。
大阪泉佐野市縁里庵かつもと鍼灸院です。

今日はセルフケアとしてのお腹を触って健康管理に役立ててみませんか?
セルフケア方法と西洋医学と東洋医学の腹診の違いをご紹介させていただきます。

西洋医学の腹診

西洋医学でいう腹診は、
腹部内臓臓器の形状
腫瘍(しゅよう)
などを触診し

また
筋性防衛
圧痛点
などの確認が主になります。

私が子供の頃はよく見て頂いた記憶はありますが
最近はあまり病院で腹診はしないと話は伺います。

以前医師にお話を伺ったときは
血液検査やレントゲンで証拠を残さないと
何かあったら訴えられる可能性があるから
という話を聞きました。
腹診は主観的に血液検査は他覚的に分かるので
病院では仕方がないのかもしれません。

東洋医学的な腹診

になりますが
そもそも鍼灸と言うと中国から入ってきた

というイメージになると思います。
しかし、腹診に関しては中国で発達した
というより日本で発達しました。
これは温泉など服を他人の前でも脱ぐ文化が関係している
と言われています。

逆に中国(北京)では乾燥地帯という事もあり
お風呂は1週間に数回と毎日お風呂に入るわけではありません。
なので、服をめくる文化がなかったのかもしれませんね。

私が中国に研修に行った時には
お腹に亀の絵を書き
亀の手がここだから人間の手にも効く
という先生はいましたが
数年で見なくなりました。

再現性が低かったのかもしれませんね。

話はズレましたが
日本の鍼灸学校で習うのは

夢分流という流派や

腹診/縁里庵かつもと鍼灸院

腹診図だったりしますが

腹診/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

一般の方には難しいと思います。
縁里庵かつもと鍼灸院では簡単に分かるように

2種類にわけ
家庭でも自分で触って確認して頂いています。

腹診/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

おへそより上の場所は胃腸に関係しています。
押さえて痛みや気持ち悪さがあると胃腸が疲れているので
食べ過ぎ飲みすぎがないのか?
お酒を飲みすぎていないか?
脂っこいものはよく食べているのか?
早食いではないのか?

をチェックして頂いています。
へそより下は腎と言います
西洋医学の腎臓
ではなく
東洋医学では生殖能力や元気の源
と考えている場所です。

高齢の方はへその下がぺこんと力がない状態の方が多いです。
おしっこの出が悪い方も多いです。
下腹部に力がないから(老化)
という考えになります。

毎日寝る前に東洋医学的な胃と腎を触り
痛みや気持ちが悪い所はないのか?
冷えていないか?
を確認することが大切になります。

変な所があるなら早めに鍼灸院で施術を受ける方がよいですね♪

日本は伝統的に腹診を大切にしてきた文化があります。
それは気候や体質が腹診で調べるのに合っているのかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝元宏亮

大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院の院長の勝元宏亮です。 大阪市内で年間7000人以上鍼灸施術を行い経験を積んでから泉佐野市に開業。 不妊症や自律神経失調症、腰痛、肩こりなど多くの疾患に対応し 患者さんの身体に合った施術を行っています。 鍼は江戸時代から続く日本伝統的な鍼灸施術を行い オリジナルの眼灸や耳灸など特殊な灸法を扱っています。 眼灸はオリジナルになりテレビ番組やYahoo!ニュースに掲載されました。 医師や看護師など医療関係者の患者さんが多く来院して頂ける鍼灸院になっています。 東洋医学的な目線から症状を考えています。

-施術
-, ,