大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院~腰痛、不妊症、自律神経失調症など様々な疾患に対応しています~

中国での研修①

中国研修/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

おはようございます。

大阪泉佐野市縁里庵かつもと鍼灸院です。
鍼灸の学生時代何度か中国の研修に参加したことがあります。
費用も安くもなく期間も最大2週間と長いので
何度も参加するのは・・・とは思いましたが
学生しか参加できないと思い参加していました。

当時岸和田の国際東洋学院で、中国に研修に参加していたのは私だけ
同級生は日本のセミナー2000円でも誘っても参加しないので
中国研修には誘っても来ないと思い
誰にも伝えずに参加していました。

「お土産だけ買ってきて」
と言われそうでしたし^^;

1人で初海外
緊張しました。
知り合いもいない
相部屋なので、知らない人と住むのも初めてでした。

1年生の時はお金もないので
1週間コースでした。
行ってから
「初めてなら2週間の方が良かったよ」
といわれて後悔しました^^;

中国につくと
少し観光しながらホテルに着き
その日は晩御飯をホテルで食べて
ゆっくりと休みました。
相部屋の先生が2日間来ないので寂しかったです。

次の日の朝9時から中国の講師がセミナーを行っていきます。
中国研修/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

当時は200人ほどの団体なので
見えやすい席や見にくい席もあり
少しでも早く良い席を取りに行くことが大切でした。

私が初参加した年は
10周年か20周年か記念会で
有名な先生も参加していました。

1週間セミナーに参加した学生は私1人で
他は鍼灸師の先生達でした。
そのおかげで一緒に行動させて頂きました。
それは運が良かったです。

スケジュールは
朝9時から17時まで
中国医師の講義(翻訳付き)です。

なかなかハードなので、体調を崩す人が多く
後半になると
段々と減ってきます。
講義自体はビデオカメラで撮影しても大丈夫でしたが
当時は高価なもので学生の私では買えず写真と録音機で撮っていました。

セミナーが終わった後は自由時間
でしたが
同じグループの鍼灸師の先生についてお食事に誘っていただけたり
21時から鍼灸師の先生の部屋に行き(ビール持参)
夜な夜なセミナーを行ってもらってました。

私が参加していた時には必ず参加していた
盲目の先生が脈診という脈を得意にしていて
先生と同じように脈を取れるように練習していたのは良い思い出です。

この盲目の先生は盲腸や中国研修で体調不良になった学生を施術してくれる
先生で何人も助けられていたのを見ています。

またご紹介しますが私自身も2年生になった時に橈骨神経麻痺という手に力が入らない
病気になりました。
たまたま中国研修に行くときだったので施術を受けると
数日で良くなりました。

実際2週間前になり最初は変化していましたが
途中から変わらない状態で
ペットボトルはつかめるけど離せない

グーは出来るけどパーは出来ない状態で中国に行きました。
中国に留学している先生に施術してもらいましたが
変わらず
研修期間中に治らないと
鍼灸師になれないのではないか?

不安に感じていました。
遅れて盲目の先生が中国に来られて
3日後には橈骨神経麻痺なんかあったの?
と他の学生に言われるほどに

鍼灸の効果や鍼灸師でも差がある
というのは学生の時代に感じました。

話は1年生の時に戻りますが

中国で祭壇されるのは
老中医という名人級の先生が多いです。

中国研修/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

しかし、レベルの違いはありました。
学生の拙い知識でも
なんだこれ
という先生もいたり
日本では使えないという技術もありました。

中国研修/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

これはお腹に定規で亀の絵を書く
内容だったと思います。

なんだかな・・・というのも
広い中国の特徴なのかもしれませんね。

しかし、凄い先生は半身不随や癌の施術を行っていたり
実績を出しています。

中国研修は長くなりそうなので、少しずつ紹介していきますね^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院の院長の勝元宏亮です。
大阪市内で年間7000人以上鍼灸施術を行い経験を積んでから泉佐野市に開業。
不妊症や自律神経失調症、腰痛、肩こりなど多くの疾患に対応し
患者さんの身体に合った施術を行っています。
鍼は江戸時代から続く日本伝統的な鍼灸施術を行い
オリジナルの眼灸や耳灸など特殊な灸法を扱っています。
眼灸はオリジナルになりテレビ番組やYahoo!ニュースに掲載されました。
医師や看護師など医療関係者の患者さんが多く来院して頂ける鍼灸院になっています。
東洋医学的な目線から症状を考えています。

コメント

コメントする

目次