コロナ後遺症の鍼灸施術

抜け毛/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

おはようございます。
大阪泉佐野市鍼灸院
縁里庵かつもと鍼灸院です。
今日はコロナ後遺症の鍼灸施術のご紹介です。
最近コロナ後遺症やワクチン後遺症が話題になってきていますが
鍼灸とコロナ後遺症は相性が良い傾向にあります。
もちろん1回で良くなる
わけではないですが
コロナ後遺症を改善するには鍼灸も良いと思います。
今回はコロナ後遺症の鍼灸施術をご紹介していきますね。

目次

コロナ後遺症とは?

効能/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

コロナ後遺症は代表的な罹患後症状は、疲労感・倦怠感、関節痛、筋肉痛、咳、喀痰、息切れ、胸痛、脱毛、記憶障害、集中力低下、頭痛、抑うつ、嗅覚障害、味覚障害、動悸、下痢、腹痛、睡眠障害、筋力低下などがあります。また、罹患後症状は、罹患してすぐの時期から持続する症状、回復した後に新たに出現する症状、症状が消失した後に再び生じる症状の全般をさしています。

引用元:厚生労働省

倦怠感やブレインフォグ(脳の霧)と呼ばれる
思考力の低下には鍼灸はよく効きます。
うつ症状や筋肉痛、頭痛、味覚障害などにも効果的です。
基本はうつ病の鍼灸施術を応用して使うと良い傾向が多いです。
しかし、通院できないほど辛い患者さんには鍼灸施術できないので
オンライン相談なども市町村が行っている所もあります。
泉大津市もオンライン相談を行っているみたいです。


縁里庵かつもと鍼灸院では訪問鍼灸も行っていますが
自費になり泉佐野市から距離により値段は変わります。
自費では8000円~になります。

味覚障害などは早い段階で良くなる傾向になります。
嗅覚障害は味覚障害よりは時間はかかりますが、そこまでかからない事が多いです。
コロナは新しい感染症ですが、症状に合わせて現在の鍼灸技術を使えば対処は可能な事が多いです。

ブレインフォッグの病院での治療法

Bスポット療法/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

ブレインフォグ(脳の霧)は病院では慢性上咽頭炎と診断される事もあり、Bスポット療法を行われる事もあります。
Bスポット療法とは上咽頭摩擦過療法(EAT)ともいわれ、上咽頭をこすって刺激する療法です。
時には出血する事もありますが、3~4日ほどはすっとすると言われています。
花粉症にも良いという事なので、花粉症でお困りの方はいいかも知れません
泉佐野市でもBスポットを行っている病院はありますが、あまり単価が高くない施術の為か
使う病院は少ないみたいです。

上咽頭は鼻とのどの境目、口蓋垂(のどちんこ)の後上方になります。
この場所には咽頭扁桃(アデノイド)というリンパ組織があり、小児期に肥大し、大人になると退縮していきます。
大人になってもこの部分はリンパの流れは豊富で、粘膜表層の血流豊富になります。
この部分に塩化亜鉛などの薬液を塗布する方法をBスポット療法(EAT)と呼ばれています。

コロナ後遺症の鍼灸施術

鍼灸/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

縁里庵かつもと鍼灸院ではコロナ後遺症はまじめな方に多い疾患だと考えています。

今回はおススメのツボをご紹介しますね。
もちろんツボだけ刺激しても効果を出すには難しく
効かせるには技術もいります。

百会印堂に電気鍼
攅竹、迎香、大椎
合谷照海
外関
頭維、太陽、翳風、完骨
命門、中枢、風池
足三里、列缺

コロナ後遺症(抜け毛)の鍼灸施術

抜け毛/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

コロナに感染し抜け毛も増えると言われていましたが
コロナ後遺症で抜け毛もあります。
今回は使うツボをご紹介します。

風池、太衝膈兪脾兪
攅竹、印堂、迎香、中府
中脘、合谷、内関陰陵泉三陰交

督脈通陽法も良いです。

まとめ

まとめ/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

コロナ後遺症は縁里庵かつもと鍼灸院の継続的に通っていただいている患者さんでは少ないですが
身体の状態を良くするとコロナ後遺症になりにくいのかもしれませんね。
コロナ後遺症は数回では良くなることは珍しく、10回前後は必要な事が多いです。
辛い状態を1日でも早く楽にするために
大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院までご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院の院長の勝元宏亮です。
大阪市内で年間7000人以上鍼灸施術を行い経験を積んでから泉佐野市に開業。
不妊症や自律神経失調症、腰痛、肩こりなど多くの疾患に対応し
患者さんの身体に合った施術を行っています。
鍼は江戸時代から続く日本伝統的な鍼灸施術を行い
オリジナルの眼灸や耳灸など特殊な灸法を扱っています。
眼灸はオリジナルになりテレビ番組やYahoo!ニュースに掲載されました。
医師や看護師など医療関係者の患者さんが多く来院して頂ける鍼灸院になっています。
東洋医学的な目線から症状を考えています。
登録販売者の資格を所持しており漢方薬の知識もあります。

コメント

コメントする

目次