大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院~腰痛、不妊症、自律神経失調症など様々な疾患に対応しています~

不妊症や坐骨神経痛におススメの「次髎」

次髎/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

おはようございます。
大阪泉佐野市縁里庵かつもと鍼灸院です。
今日は不妊症坐骨神経痛におススメの次髎(じりょう)というツボ
をご紹介します。
次髎は八髎穴(はちりょうけつ)と言い左右で八か所ツボがあります。

八髎穴/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

八髎穴
上髎(じょうりょう)
次髎(じりょう)
中髎(ちゅうりょう)
下髎(げりょう)

八髎穴は場所も同じような場所にありますが
鍼を刺すのはなかなか技術がいるツボになります。
今回は次髎に焦点を絞ってご紹介していきますね。

目次

次髎

次髎/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

場所:骨盤の中央の仙骨にあるくぼみの、上から2番目のくぼみ部分です。
左右にあります。
写真では分かりやすくするために
右側だけに印をしていますが
左右にあり、骨に穴が開いています。
穴も真っすぐ
ではなく角度があるので鍼を刺す時には若干斜めにして刺します。
学生の時に沢山練習をしましたが
当時は難しかったです。
今は不妊施術生理痛、坐骨神経痛など
よく使うツボの1つになりました。
次髎の効能をご紹介しますね。

次髎の効能

鍼灸の書物から次髎の効能をご紹介していきます。
時代や患者さんの層によって使い方が変わり効能も変わったりします。
ツボの本当の使い方は1つのツボを使うのではなく
組み合わせです。
次髎と他のツボを掛け合わせることで様々な効能になります。
最後に次髎と組み合わせた効能もご紹介しますね。
1冊目の参考書籍は「鍼灸治療基礎学」です。

坐骨神経痛または麻痺
膀胱麻痺
膀胱結核
膀胱炎
淋疾
尿道炎
婦人科、泌尿生殖器疾患には必須のツボ
リウマチ
血圧亢進症
半身不随
直腸炎
痔疾
脱肛
八髎穴で最も大切なツボ

効能に膀胱が多いと思いますが
次髎など八髎穴は東洋医学的に
膀胱系というツボの流れになります。
西洋医学の膀胱とはまた違いますが
昔から次髎は膀胱に効果がある
と考えられていたのでしょうね。

2冊目上池先生の実践鍼灸学「経穴の使い方鍼の刺し方」です。

重要なツボ。ふんだんに使う事が多い
婦人科疾患に効く。
八髎穴を温めると効果がある。ここを温めると消化器が良くなる。
夜尿症。毎日灸。膀胱腧、百会を一緒に使う
宿便
五十肩。背筋が張る。首が回らないときに効く
寝違い
委中陽陵泉・環跳に刺激をしても効果がないときは次髎を使う
膝蓋部が冷えたとき内から温まる
尻のしびれに置き鍼
尾骨を打った腰痛。会陽(というツボ)から次髎付近まで刺す
腰痛で前屈20度~30度で痛む場合はに使う

三冊目の次髎の効能
参考書籍は「ツボの全て」

八髎穴は全て
腰部の痛み
月経不順
寝小便
小便不通
次髎は痛み系に効果的

最後の次髎の効能をご紹介します。
参考書籍は「針灸経穴辞典」です。

腰痛
月経不順
帯下
疝気
下肢麻痺
月経痛

次髎との組み合わせ

月経痛:腎腧関元三陰交、膀胱腧
腰痛、下肢麻痺:腎腧、大腸腧、環跳、足三里

次髎のセルフケア

お尻にあるツボになるため
ご自身でマッサージを行うには難しいと思います。
せんねん灸など台座灸も火を使うとご自身では火傷のリスクがあります。
使うのならせんねん灸太陽など
火を使わないお灸がお勧めです。

せんねん灸/泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院

骨を狙うのではなく骨の中を狙うので
皮膚が温かい
ではダメで長時間温める事が必要になります。
縁里庵かつもと鍼灸院では腰痛や不妊症に使いますが
セルフケアで良くならないときは
縁里庵かつもと鍼灸院までご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪泉佐野市の縁里庵かつもと鍼灸院の院長の勝元宏亮です。
大阪市内で年間7000人以上鍼灸施術を行い経験を積んでから泉佐野市に開業。
不妊症や自律神経失調症、腰痛、肩こりなど多くの疾患に対応し
患者さんの身体に合った施術を行っています。
鍼は江戸時代から続く日本伝統的な鍼灸施術を行い
オリジナルの眼灸や耳灸など特殊な灸法を扱っています。
眼灸はオリジナルになりテレビ番組やYahoo!ニュースに掲載されました。
医師や看護師など医療関係者の患者さんが多く来院して頂ける鍼灸院になっています。
東洋医学的な目線から症状を考えています。
登録販売者の資格を所持しており漢方薬の知識もあります。

コメント

コメントする

目次